パチンコ必殺仕事人4のセグの場所

盤面の枠の左下にあり、傾いて6連続ランプが2箇所あります。 ボックスの上部がへそ対応のパターンで、下部が電チューになります。 ランプの点灯の仕方で、どの大当たりが当選したかをある程度は判別できたりします。 データと比較して並べると突確が分かったりできます。 ただし、必殺仕事人4ではセグの配列をわざわざ全てを覚える必要がないのです。 これは実はあまり意味なくこの方法は無駄な努力になってしまいます。

潜伏確率変動が存在しないのが必殺仕事人4

セグを覚えるのは、潜伏確変に当選した際に電サポがないのです。 通常時かそうでないかを判断し間違えないようにする為です。 余分な投資を抑えたり、遊戯を中止して即大当たりを引かれたりしないようにします。 話題のパチンコ必殺仕事人4では、全ての当たりに電サポがあります。 それが今後は毎回これを確認しなくてもこうして安心して遊べるようになっています。 これの現状での攻略としては、このような電サポがないような状態は100%通常と言える状態なのです。 これは、いつどのタイミングで遊戯を限界だと直ちに中止しても問題はありません。 まず、最初は時短についても、凡そ20,40,60なので、どれかで終了した場合は8R通常が当たったと判断すればよいわけです。 結果的には電サポが60回を超えれば、この確変がこの時点で結果的には確定になります。

このページの先頭へ